skip to Main Content
Chill outDownbeats

Title : Burning Man 1999 feat. Ariel Electron
Label : Matsuri Digital Chill
Artist : SUPERCOZI
Cat No. : MDC005
Official Release date : 2019.8.8
Beatport Exclusive start date : 2019.7.25

Matsuri Digital Chill proudly present the very first EP from a Japanese producer
Supercozi – “Burning Man 1999 feat.Ariel Electron!

 

 

2019年よりレーベルアーティストとして加入したSupercozi によるMatsuri Digital Chill初のシングル
自身の体験をコンセプトとし、音で表現した「Burning Man 1999 feat. Ariel Electron」をリリース!

 

 

タイトル曲となる「Burning Man 1999 feat. Ariel Electron」は、アシッド・テクノの要素を注入したミッドテンポのサイケデリック・グルーヴ。サイケデリックトランスのパイオニアである、X-Dreamにゲストボーカルとして参加しているアリエルのグリッチーかつグラマラスな声が曲によりパンチを効かせ、重ね合わせたシンセのメロディーがエモーショナルで映画的な音世界を醸し出している。まさに照りつける太陽の下での埃にまみれたダウンテンポ・ダンスフロアにぴったりハマる曲と言えよう。

2曲目に収録されているサイテックシーンの次世代アーティスト、注目株として頭角を現しているメキシコ人プロデューサー、ジョシー・テッチによるタイトル曲のリミックスは、彼の新境地といえようオールドスクールなPsy-Chill の雰囲気を持ったダブテクノに仕上がり、繊細かつトリッピーな音の配置がより素晴らしいオーガニックな極彩色放つ楽曲となっている。

ドライブ感溢れるサイケデリック・ジャズ・ブレイクス「Timothy Leary Ride A Comet」はヒッピー文化における重要なインフルエンサーの一人、ティモシー・リアリーの声がカットアップされて散りばめられている曲である。ブルガリアのアシッド・ジャズ・プロデューサー マーティン・デネヴが弾くファンキーに炸裂するエレクトニック・ピアノに重なり合うシンセサウンドと適度なアシッドサウンドが程よく融合し、聞くものを宇宙軌道へと誘って行くれるだろう。

 

///ENG///
Matsuri Digital Chill proudly present the very first EP from a Japanese producer
Supercozi – “Burning Man 1999 feat.Ariel Electron!

Title track ”Burning Man 1999” is a mid tempo psychedelic groove with a hint of acid Techno. Ariel Electron’s glitchy and glamorous voice adding a punch to the tune, layered synth melody gives an emotional yet cinematic soundscape.”Burning Man 1999″ is indeed designed to match to the dusty downtempo dance floor under the blazing sun.

This EP is coupling with 2 more tunes, including a superb psy-chill Remix of title track by Jossie Telch – A rising Psy-Tech producer from Mexico. Jossie explored new frontier by this remix, result became slowand trippy dub-techno with old-school psy-chill touch, organic and psychedelic track has created.

Last tune ’ Timothy Leary Ride A Comet ‘ is a super driving psychedelic jazz breaks with cut-up voice of Dr.Timothy Leary – A controversial psychologist and influencer for the ‘ Summer of love ‘ global hippiemovement in 60’s-70’s. Bulgarian acid jazz producer Martin Denev played dazzlingly funky electronic piano parts, and layered synth sound and subtle acid hints drives you up to the cosmical orbit for sure.

 

///Track List///
1.Burning Man 1999 feat. Ariel Electron
2.Burning Man 1999 feat. Ariel Electron ( Jossie Telch Remix )
3.Timothy Leary Ride A Comet

 

///Credits///
All tracks Written & Produced by Supercozi
Track 1 Lyrics & Co-written ( Melody ) by Ariel Electron
Track 2 Remix by Jossie Telch
Track 3 Electric piano by Martin Denev

Back To Top